潮干狩り 持ち物

スポンサードリンク

潮干狩りに必要となる持ち物

春休みあたりから、夏休みごろに家族やカップルなどで楽しめる事で、潮干狩りは人気になり、いろんなひとが楽しめるものである。潮干狩りにはやはり必要となってくるのが、道具である。潮干狩りする場所によっては、道具をレンタルや販売しているところもあるが、場所で買うとなると、少々値段が高かったり、使いにくい道具であったりすることから、行くと決まっているのであれば、道具を持っていくことにより、使いやすく値段も安くなるのである。
潮干狩りをするにあたり、持ち物が必要です。必要な道具が、熊手、網、持ち帰り用の容器は必ず持っていくべきである。熊手は、安くて200円から300円で購入でき、手でやるより、断然効率がよいからである。網は貝を計量する際に、ハマグリやあさり以外は料金をとらないことが多い事から、貝を分けるのにもよく、分ける際にも便利なため、2枚くらい用意をしていくのがよいとされている。また、持ち帰り用の容器に海水と一緒に貝をいれて持ち帰れば、砂抜きもできることから、簡単に砂抜きもでき、簡単に運べる事から持っていく必要があるのである。
値段も低価格で用意することができることから、事前に用意をし、持っていくほうが便利であるといえる。できるだけ家から持ち物を用意しよう。

レンタルにない必要となる潮干狩りにいる持ち物

潮干狩り場にいけば、持ち物をもっていかなくても、潮干狩りにいる道具はレンタルすることができ、また購入することができる。しかし、日光が当たる中での、熱中症などかかりやすいことから、水分補給に必要となるお茶や、日差し除けの帽子、日焼け止めなどは必要となってくる。お茶などは自動販売機など設置してあるところが多く、購入できるからよいが、帽子や日焼け止めなどは売られているところもあるが、自分にあったものを用意したいものである。
また、潮干狩りに適する服装を用意することである。海辺で行う事から、海水にぬれても大丈夫であるような格好で潮干狩りを行い、帰りは着替えて帰れるように着替えを用意しておくのがベストといえる。また、貴重品は常に身に付けることができるようにウエストポーチがあると便利である。ちょっとしたときにお金が支払えることや、貴重品は肌身離さず持てるのがよいことから、用意すべき物といえる。
潮干狩りにベストな格好で、道具を用意いくことがなによりも必要であるといえる。